« ホントウの強さ | トップページ | 笑いたいあなたへ »

2008年3月19日 (水)

知ってこその平和

オススメ本 No,0036 『夕凪の街 桜の国』
*********************

夕凪の街桜の国 Book 夕凪の街桜の国

著者:こうの 史代
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この二日間、『東京大空襲』というドラマを見ました。

想像を絶する悲劇に、心が固まります。

でも思うんです。
わからないから、想像できないから、知らないふりをしていいのかと。
なかったことのように気づかないふりをしていいのかと。

日本人にとって本当に戦争は過去のことでしょうか。
たった数十年前にこれだけの悲劇が起きていることを“過去”とは言えない、そう思いました。

戦争当時の話を自分の目で見て、耳で聞ける機会が少なくなっている中、“あのときの想い”に触れることが出来る本が『夕凪の街 桜の国』です。
心静かに読んでみてください。
読み終わったときの思いを大切にしてください。
それが未来を作る一歩になります。

by ぢゅんた



お帰りの際に、『本ブログ』のロゴをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログへ



|

« ホントウの強さ | トップページ | 笑いたいあなたへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。