« 2009年3月 | トップページ

2009年4月 7日 (火)

目指せ!“べき乗”飛躍

オススメ本 No52 『海馬』

**********************

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス) Book 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)

著者:池谷 裕二,糸井 重里
販売元:朝日出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1、年をとると物忘れが増える
2、30歳を過ぎると頭が良くなることはない
3、脳は疲れやすい
4、天才は生まれつき
5、“考える”ことは自由だ

この中で正解はいくつあるでしょうか?
ピ・ピ・ピ・ピ~ン!
さあ、答えは・・・ゼロです!
どうですか?たった5つのこの項目だけでも常識と思っていませんでしたか?

脳についてこのような間違った思い込みがいっぱいあることを、この本は教えてくれます。
脳ってまだまだ98%は解明されていないそうですよ。
それだけ、可能性もたっぷり残っているということです。

生きている間に脳を使いきることができた人、それが“天才”なのかもしれません。
そしてその可能性はあなたにもあります。
脳の神経は新しい刺激に対して“べき乗”で増えていくそうです。
“べき乗”というのは2の何乗という掛け算です。

たとえばAという新しいものを知ったとします。このときを1とすると、ふたつめのBを覚えたときは1+1で2・・・ではないんですね。
AとBそして、AからみたB、BからみたAというふうに4に増えるわけです。
つまり2の2乗です。

1つ知ったら1、2つ知ったら4(2の2乗)、3つ知ったら8(2の3乗)・・・そうしていくと10個知ったとき、なんと1000を越えるんです!
20個知ったら・・・なななんと100万を超えます!

どうです!?この成長率!
天才なんてあっと言う間になれそうな気がしてきませんかhappy02

脳は疲れないんですって。
脳細胞は減るには減るけど、充分余りがでるくらいの数があるんですって。
だとしたらもう、言い訳はできませんね。
使ってないのは、あなたの問題です(笑)。

脳を使いきる方法の第一歩は“新鮮な刺激を与え続けること”だそうです。
あなたの毎日に新鮮な刺激はありますか?

by ぢゅんた

本ブログのバナーをクリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ