2009年4月 7日 (火)

目指せ!“べき乗”飛躍

オススメ本 No52 『海馬』

**********************

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス) Book 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)

著者:池谷 裕二,糸井 重里
販売元:朝日出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1、年をとると物忘れが増える
2、30歳を過ぎると頭が良くなることはない
3、脳は疲れやすい
4、天才は生まれつき
5、“考える”ことは自由だ

この中で正解はいくつあるでしょうか?
ピ・ピ・ピ・ピ~ン!
さあ、答えは・・・ゼロです!
どうですか?たった5つのこの項目だけでも常識と思っていませんでしたか?

脳についてこのような間違った思い込みがいっぱいあることを、この本は教えてくれます。
脳ってまだまだ98%は解明されていないそうですよ。
それだけ、可能性もたっぷり残っているということです。

生きている間に脳を使いきることができた人、それが“天才”なのかもしれません。
そしてその可能性はあなたにもあります。
脳の神経は新しい刺激に対して“べき乗”で増えていくそうです。
“べき乗”というのは2の何乗という掛け算です。

たとえばAという新しいものを知ったとします。このときを1とすると、ふたつめのBを覚えたときは1+1で2・・・ではないんですね。
AとBそして、AからみたB、BからみたAというふうに4に増えるわけです。
つまり2の2乗です。

1つ知ったら1、2つ知ったら4(2の2乗)、3つ知ったら8(2の3乗)・・・そうしていくと10個知ったとき、なんと1000を越えるんです!
20個知ったら・・・なななんと100万を超えます!

どうです!?この成長率!
天才なんてあっと言う間になれそうな気がしてきませんかhappy02

脳は疲れないんですって。
脳細胞は減るには減るけど、充分余りがでるくらいの数があるんですって。
だとしたらもう、言い訳はできませんね。
使ってないのは、あなたの問題です(笑)。

脳を使いきる方法の第一歩は“新鮮な刺激を与え続けること”だそうです。
あなたの毎日に新鮮な刺激はありますか?

by ぢゅんた

本ブログのバナーをクリックしてくださるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

自分で作る体、人が作る病気

オスス本 No、0032 『最強の免疫学』 

**********************

安保徹最強の免疫学―病気は自分で治せる! Book 安保徹最強の免疫学―病気は自分で治せる!

著者:安保 徹
販売元:永岡書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する



以前、HPのほうで紹介していた本をまた最近読み返しています。
この本はわたしの人生を変えた本と言っても過言ではありません。
病、体、についての認識が大きく変わります。
病名がつけられたばっかりに、病人にされたわたしに、『いや!もう一度自分を作りかえられるよ』とエールを送ってくれた、そんな本です。
以下、HPの記事の抜粋です。

みなさん、『目からウロコが落ちた』ことはありますか?
いやー、わたしはこの本でポロポロ落ちました。
今まで出会わなかったことが勉強不足なのかもしれませんが、ほんとに自分の体の仕組みや病気の状態がよくわかる本です。
今までも免疫学の本は読みましたが、第一印象が『難しい!漢字が多い!』ってことで結局、自分の生活に入り込むまでの知識にはなりませんでした。
でも、この本はスルスルと頭の中に入ってきて、しかも生活に取り入れやすい情報満載です。
絵もかわいくていいです(とくに先生が踊っている絵のページは最高です、にこにこできます!)。
もう、病気を医師まかせにする時代は終わりましたね。
この村でも病気のプロは医師かもしれないけど健康のプロは自分自身だというスタンスでやっています。
うちではこの本から早速、メモを取り、トイレの壁に貼っています。
生活にハリが出て、健康になるための勇気がもりもり沸いてきますよ。


by ぢゅんた


お帰りの際、下の『本ブログ』をクリックしていただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 本ブログへ



| | コメント (2)

2006年10月31日 (火)

『ウンココロ』を教科書にすべし!

オススメ本NO,0001 
『ウンココロ~しあわせウンコ生活のススメ~』
************************

ウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメ Book ウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメ

著者:寄藤 文平,藤田 紘一郎,寄藤 文平,藤田 紘一郎
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


第一回の記事がウンコですか?とお思いですか?
そうです!なぜなら生きていく上でとても重要だということに最近気づいたからです。
それは生き方が変わるほどの衝撃でした。
そこでこの記事ではウンコに敬意を評して、『便さん』と呼びます。ついてきてください!

みなさんは便さんと毎日出会う、快適な生活をおくっていますか?
便さんがお目見えしたとき、まじまじと見つめ、心を交わしていますか?
私もつい最近まで出たか出ないかすら気にすることがありませんでした。
でもある時期、入院生活を送る中で1週間も便さんに会えない日が続きました。そこで思ったんです。『私は人として、いや生き物として大丈夫だろうか』と。それで自分の体のしくみについて知りたいと思いました。その興味の最初の対象が体に入るもの(食べ物)と体から出るもの(便さん)でした。

そしてこの本に出会いました。この本、とにかく絵がいい!『大人たばこ養成講座』でおなじみの寄藤文平さんの絵がふんだんに使われています。それは挿絵というより絵本に近い感覚で。この絵によって便さんの真実へ導かれて、読み終わる頃にはもうすっかり便さんが愛おしい存在になります。トイレに行くのが楽しくなるくらい!

学校でトイレに行って便さんをするのがはずかしい、またそのことでいじめにあうという子供たちがいるそうです。先生方はいじめはいけない!と声高に叫ぶより、この本で便さんを好きになる授業をするほうが子供たちの心にも体にも数倍いいと思います。『今日、便さんにあった?』『うん!いい便さんだったよ』『まじ?いいなー、ぼくもがんばろー!』って会話が朝の教室で行われていたら・・・素敵だと思いませんか?

私はこの本を読んでから、トイレを済ませたとき『ありがとうございます』と頭を下げるようになりました。便さんを受け止めてくれた便器さんに、いさぎよく出てくれた便さんに、良い便さんを作り出してくれた体さんに、自然に、地球に・・・想いを込めて!

『通になるなら便通がいい』
このオビのコピー、秀逸です!

by ぢゅんた

| | コメント (6) | トラックバック (0)